接遇マナー研修2015

弁護士法人名古屋総合法律事務所は、相続 (相続税を含む) ・離婚・交通事故・債務整理・不動産・中小中堅企業法務 (使用者側の労働事件を含む) の6分野に特化した専門性の高い法律事務所です。

接遇マナー研修の実施

参加者 全弁護士・全司法書士・全事務スタッフ
実施日 2015.5.12 「接遇・マナー研修」
テーマ
  • 好印象を持たれる弁護士になることによって、市場から選ばれる存在になろう。
  • 好印象を持ってもらう前提条件(ビジネスマナー等)を知ろう。
使用教材 なし

所員が全員参加する全体会議の時に接遇マナー研修を実施しました。近年、弁護士の人数は増えていますが、裁判所に係属している事件は人口の減少も相まって減少しています。待っているだけでは仕事は来ない時代になりました。そこで、専門性の追求(その分野ではだれにも負けない知識)と人柄の追求(この先生に、この事務所にお願いしたい!と思わせる魅力)をすることで、「好印象を持たれる弁護士になることによって、市場から選ばれる存在になろう!」という研修を行いました。弁護士はまずは法律知識が必要ですが、その前に相談者さんとの関係を築けなければ、仕事はなりたちません。いかに相談者さんに安心して信頼してもらえるかが重要です。そこで、ビジネスマナーについて再度全員で研修をしました。立ち居振る舞いや話し方によって、相手に与える印象は良くも悪くも変わります。コミュニケーションの一つであるビジネスマナーの再確認を行い、良好な人間関係を築き、信頼を得るために全員で学習しました。

研修No4

当事務所は皆様に満足していただける弁護士活動を日々行っていくことをお約束いたします。
当法人の活動を記録している内部研修・外部研修報告ページもご覧ください。