顧問(アドバイザー、元最高裁判判事)

園部先生の経歴

弁護士法人名古屋総合法律事務所は、相続 (相続税を含む) ・離婚・交通事故・債務整理・不動産・中小中堅企業法務 (使用者側の労働事件を含む) の6分野に特化した専門性の高い法律事務所です。

トップページ > 弁護士・税理士・司法書士・不動産鑑定士・顧問紹介 > 園部先生の経歴

園部逸夫氏のプロフィール

園部逸夫

Itsuo Sonobe

虎ノ門法律経済事務所客員弁護士
一般社団法人 シニア総合サポートセンター最高顧問
公益財団法人 千賀法曹育英会副理事長
公益財団法人 痛風財団理事

生い立ち

台北の小学校時代

幼少時代は、ご尊父のお仕事の関係で日本・台湾・韓国の三つの地域で、多文化にふれあいながら生活されていました。

この経験が、先生の洞察に富んだ観察力の起源になっていると思われます。

略歴

東京地裁の法廷

園部先生は、京都大学法学部卒業後、同大学助手・助教授を経験されました。
ミシガン大学、コロンビア大学客員研究員として留学されました。

・東京地方裁判所判事
・東京高等裁判所判事
・最高裁判所調査官
・最高裁判所上席調査官(行政)

と判事を務められました。

そして、筑波大学第一学群長など大学教授を歴任された後、最高裁判所判事に任命され9年7ヶ月間、定年退官されるまで務められました。

最高裁の自室で
最高裁第三小法廷の会議室にて

退官後

退官後は、弁護士登録され、

・住友商事株式会社監査役
・外務省参与
・内閣官房参与

などに就任し、現在も精力的に活躍されています。

勲一等瑞宝章を授与される
自衛隊離職者就職審査会長時代

園部先生を顧問にお迎えして

当事務所執務室にて

見識の高い素晴らしい方を顧問としてお迎えすることができましたので、今後はより一層、市民と中小企業の皆さまにより良い法的サービスを提供させて頂ける準備が整いました。

愛知・名古屋をはじめ東海三県の地域社会に貢献するため、園部先生にアドバイザーとして活躍していただいております。

トップページ > 弁護士・税理士・司法書士・不動産鑑定士・顧問紹介 > 園部先生の経歴