採用情報

あなたの活躍の場です。私たちと一緒に働きませんか!

リーガルコーディネーター

(リーガルプロスタッフ・パラリーガル・準弁護士)

を募集します。

弁護士と経験豊富な事務スタッフが丁寧に応援・協力いたします。

事務所見学会・説明会

事務所見学・説明会を下記日程で実施します。

見学・説明会
日時:10月21日(土)13:00~15:30
   10月22日(日)13:00~15:30
場所:名古屋総合法律事務所

参加希望の方は後記の「選考の流れ」に従って、メールにてご応募のうえご参加下さい。

あらゆるお悩みにワンストップで対応し、お客様に安心を提供する体制を強固にするために、リーガルコーディネーターを募集しております。
個人のお客様はもちろん、中小企業のサポーターとして、幅広く愛知・名古屋の地域へ貢献してまいります。
特に交通事故問題や中小企業法務について、業務を行っていただきます。

本年度、法科大学院修了予定の方、すでに修了されている法科大学院修了生の方、大歓迎です。是非ご応募ください。

業務内容

業務内容のご紹介

東海四県・愛知・名古屋
トップの法律事務所の追求

プロになろう!

名古屋総合法律事務所は、離婚・相続・交通事故・債務整理・中小企業法務・不動産の6分野に特化して専門性を追求する法律事務所です。

リーガルコーディネーターとは

今回募集します『リーガルコーディネーター(リーガルプロスタッフ)』は、新しく設けました職種です。
近い将来、名古屋総合法律事務所の中核として、弁護士・事務スタッフの指導教育担当となり、また経営を担っていただきます。
弁護士の頼れる右腕として(将来は経験を積んでいただき弁護士の指導・教育担当となることを想定しております)、依頼者に寄り添い事件解決を担う仕事です。
法律事務スタッフや秘書など補助職とは違います。また、パラリーガル・准弁護士とも違います(弁護士と協働していくもので、対等です)。

リーガルコーディネーター(リーガルプロスタッフ)は、法律事務所で弁護士と依頼者をパートナーとして、サポートする仕事をしていただきます。
パートナーとして、弁護士に同席して依頼者の相談に対応したり、担当分野の事実関係・法令・裁判例・行政通達・解釈の調査や各種書類を作成したり、幅広くかつ深く法律業務に関わって、担当分野のプロとなり、弁護士と依頼者の架け橋、事件解決を担う仕事です。

「プロ」になる

名古屋総合法律事務所では、パラリーガル・准弁護士ではなく、法律分野だけでなく、医学的・工学的知見を備えて、あるいは心理学・社会福祉分野、あるいは会計・税務・経営の知見を備えて、担当していただく分野では、一般的な弁護士の水準を超える高い水準のプロとなることを求めます。

また、当事務所では、人材の育成に力を入れており、そのような高いレベルに育成していくことに協力を惜しみません。

リーガルコーディネーターは、経験・ノウハウを積むことにより、将来昇進してチームリーダー・グループリーダーに昇格すると、チーム内、グループ内の弁護士・リーガルコーディネーター・法律事務スタッフを指導教育する立場になります。
また、将来所長として、また執行役員として、経営の主軸を担っていただきます。

今後、毎年『リーガルコーディネーター(リーガルプロスタッフ)』を募集していきます。近い将来、名古屋総合法律事務所中核として、経営を担い、また弁護士・事務スタッフの指導教育も担っていただきます。

今回の募集

今回募集する部門はこちらです

今回の募集で求めている部門は、次の3部門です。

 ①損害賠償理論・過失相殺などの法律学の分野だけでなく、医学的及び工学的知見を習得して後遺障害問題を担当するなど人身損害・交通事故分野のエキスパートを目指す方

 ②弁護士、司法書士と協働して渉外離婚・渉外相続・渉外登記など外国人の方の法的手続支援のプロを目指す方

 ③取引契約書等の作成とチェック、景表法等の広告表示規制・下請法・廃棄物処理法・建設業法など中小企業法務分野のプロを目指す方

募集要項

職種名

リーガルコーディネーター

仕事内容

弁護士・事務スタッフとチームを組んで連携を取りながら、相談の受付から相談・事実関係調査・方針の検討から解決までを担当していただきます。

解決するまでだけでなく、解決後も引き続き、依頼者に寄り添い、信頼を得て「信頼される中核的人材」となっていきましょう。

《具体的な仕事内容》

  • 依頼者対応(電話受付、ヒアリング、相談、事実確認、判例・法令の検討など)
  • 法律相談(弁護士に同席)
  • 弁護士との打ち合わせ(解決への方針を検討)
  • 事実関係の調査・証拠の収集及び判例・法令などの調査(その他裁判・示談交渉などで必要となる事項の調査など)
  • 人身損害・交通事故部門では後遺障害・事故態様など医学的・工学的課題の調査と対応
  • 外国人の支援では、渉外離婚手続上の課題の調査と対応
  • 中小企業法務では、取引契約書等の作成とチェック、会社法等による規制、各種行政規制の調査と対応の検討など
  • 各種の法律関係の文書の作成
  • 裁判・示談交渉の準備
  • 事件進行中の依頼者のフォロー・寄り添い

◎弁護士・法律事務スタッフと連携を取りながら、チームで幅広い法律事務に関われます。
◎各種法律関係文書の作成について
  文書によって、定型フォーマットのあるものもあれば、参考文献から考えて新たに作成するものまで、様々です。

採用対象

  • 四年制大学卒以上で、法科大学院修了予定の方、法科大学院修了の方、その他大学院修士課程修了予定の方、その他大学院修士課程修了の方、職歴2年間以上の方
  • 非喫煙者
  • 35歳未満の方(長期キャリア形成を図る観点から若年者等を募集・採用するため)

※社会人経験のない法科大学院・大学修士課程を修了した方などは勿論、銀行員、営業など、異業種からの転職者も歓迎します!

※法律の分野に興味があり、社会の役に立ちたい、人の役に立つ仕事がしたいとお考えの方をお待ちしています。

希望する人物像

①損害賠償理論・過失相殺などの法律学の分野だけでなく、医学的及び工学的知見を習得して後遺障害問題を担当するなど人身損害・交通事故分野のプロを目指す方

②渉外離婚・渉外相続・渉外登記など外国人の方の支援のプロを目指す方

③契約書作成・チェック、景表法・広告規制・下請法など中小企業法務分野のプロを目指す方

2018年夏以降は、順次下記の部門を含めて募集する予定です。

④生前贈与・民事信託・遺言・成年後見など生前相続・高齢者問題の分野でのプロを目指す方

採用人数

2名

勤務時間

9:00頃~18:00頃まで 実働8時間(事情により時間調整が可能です)

休日休暇

  • 全週休2日制(土・日)(月1回程度土曜日出勤があるときは3ヵ月以内に振替休日をとっていただきます)
  • 祝日
  • 夏季休暇
  • 年末年始休暇
  • 有給休暇
  • 産前産後休暇
  • 育児休暇

雇用形態

正社員

勤務地

今回の募集は、名古屋勤務を予定しております。

※今後の支店展開にともない将来東京への転勤がある場合があります。

給与

  • 月給 法科大学院修了生の方は、30万円以上。大学院修士課程修了者、四年制大学学部卒業者で職歴2年間以上の人は、28万円以上。
    ※経験・年齢・能力などを考慮の上、決定いたします。
    ※時間外手当、休日手当を含みます。
  • 賞与年1回(評価によります)
  • 2年目以降は、毎年末に、前年12月から当年11月までの担当事件の売上などの評価により年間報酬(給与・賞与等)が決定します。
  • 交通費全額支給
  • 退職金制度有り

福利厚生

  • 雇用保険 労災保険 厚生年金 健康保険に加入します。
  • 育休・産休制度あります。
  • 病児保育料助成制度があります。
  • 年1回健康診断
  • ベネフィット・ワンに加入しています。

教育制度

入社後の教育制度のご紹介

入社後6ヵ月研修の流れ

電話応対からスタートします。入社してすぐに受付、お茶だし、名刺交換、電話での言葉づかい等の基礎的な研修を実施していきます。

チームのスタッフが業務の仕方を説明します。

他にもチャットワーク・メール等で先輩に何でも聞ける環境を整えています。

徐々に依頼者との相談に同席するなど、OJTで仕事の流れや依頼者対応を学びます。

法律文書の作成、交通事故の後遺障害などに関する知識・スキルを身につける専門的な研修まで様々な研修があります。

プロに育てる研修

①人身損害・交通事故部門、②渉外離婚など外国人の方の法的手続支援の部門、③中小企業法務部門など、各部門に応じて様々な研修をしていただきます。

法律文書の作成などの研修をするとともに、交通事故の過失相殺、後遺障害の等級認定、渉外離婚・渉外相続、契約書作成の技法などに関する各部門の専門的知識・スキルを身につけるなど様々な研修を受けていただきます。

募集背景

人生・仕事の成果=考え方×熱意×能力であると捉え、考え方が正しく熱意があって共に成長して行ける方との出会いを求めて門戸を開いています。

市民と中小企業に、地域社会により良い法的サービスを提供できるようにするために、また、組織が税理法人を含めて人員が30名を超え、これからさらにグループとしてより成長するために、主体的に行動して業務でまた経営で中核として活躍いただける方を求めています。

弁護士の補助職ではありません。

1.専門職として

将来、担当分野のプロとなり、弁護士職と法律事務スタッフ職を指導教育できる資質がある方を希望します。
また、将来チームリーダー・グループリーダーに昇格して、チーム内、グループ内の弁護士・リーガルコーディネーター・法律事務スタッフを指導教育する事になります。

2.マネージャー職として

マネージャーの資質がある方は、将来所長として、また執行役員として、経営の主軸を担っていただきます。

選考の流れ

ご応募

以下をメールに添付してお送りください。(郵送でも可)

  1. 顔写真付履歴書、志望動機書
  2. 職務経歴書
  3. 出身大学(教養、専門学部)の成績証明書 (写し可)
  4. (大学院修了予定ないし修了の方の場合)成績証明書 (写し可)

1) メールでお送りいただく場合: 写真は JPEG 又は TIFF の形式、成績証明書は PDF 又は TIFF の形式にしたものをメールに添付して以下のメールアドレスまでお送り下さい。
Email: saiyou@nagoyasogo.jp

2) 郵送でお送りいただく場合: 以下の宛先までお送りください
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2丁目20番25号 丸の内STビル6階
弁護士法人名古屋総合法律事務所
採用担当 中野 咲樹 宛

事務所見学・説明会

ご応募いただきました後、当事務所見学・説明会にお越しください。下記日程で実施しますので、ご応募の際に希望日をお伝え下さい。

見学・説明会
日時:10月21日(土)13:00~15:30
   10月22日(日)13:00~15:30
場所:名古屋総合法律事務所

見学・説明会後に懇親会を予定しております。参加できる方は、是非ご参加下さい!

会社情報

私たちは、総合的法律経済関係事務所を目指します。

名古屋総合リーガルグループのご紹介

名古屋総合法律事務所は、名古屋総合リーガルグループに所属しています。
名古屋総合リーガルグループは、一人の代表による、一つの組織です。
「合同事務所」「共同事務所」ではありません。

上下左右に連携のとれた一つの組織としてチームを組み、より良いサービスを適正な価格で提供しています。

目標は総合法律経済関係事務所

名古屋総合リーガルグループは、総合法律経済関係事務所を目指します。地域の市民と中小企業の皆様と共生し、地域に貢献するため、ワンストップで法務・登記・税務・社労士業務などの総合的法律経済関係のより適切なサービスを、提供できるよう努力しております。法務・登記・税務・社労士業務の各部門のお客様は、事務所全体のお客様です。事務所全体のお客様として、より有益なサービスの提供をしております。

1万冊を超える蔵書、各種研修により自己成長できる環境

当事務所では、最新の法的知識や世の中の動向を把握するために、また、法的解決のほか、各種手続きの方法など実践的なアドバイスを依頼者にできるように、法律関係図書、ビジネス関連書籍、実用書、雑誌など約1万冊の蔵書を備えております。
少しでも疑問に思ったことがあったなら、すぐに調べ、知識を増やせる環境を整備しております。
また、内部や外部の実務研修を積極的に受講することで、更なるスキルアップを図ることができます。

IT戦略

当事務所はIT・WEBに積極的であります。常に10年20年先に目を向け、今取り組むべき課題を着実にこなしております。
そして、中長期的計画によりIT・WEBを駆使する顧客獲得に努めており、現段階でも大きな成果がでております。そのため、仕事は絶えず供給されている状態です。

支店展開

近い将来、名古屋総合リーガルグループは短期・中期計画で、岡崎支店、岐阜支店の開設を計画しております。 愛知県、岐阜県南部、三重県北部の濃尾平野とその周辺地域の1,000万人の市民と中小企業の皆様に、最良のサービスを提供して地域に貢献していきます。

長期的には、東海三県を超えて、東海道新幹線と同じように太平洋ベルト地帯(東京から大阪までの中核都市)への支店展開を構想しております。

Q&A

よくあるご質問

20代〜30代が多く、アルバイトさんもたくさん活躍しており、大変明るい雰囲気です。
代表の熱い思いに共感した弁護士、司法書士、税理士、社会保険労務士や事務スタッフが多数活躍しています。
チャレンジ精神と活気に溢れて、常に10年先、20年先を見越して今やるべき事を確実にこなしていく事務所です。
オフィスは名古屋市中心部栄に近く、立地も良いです。静かな場所にありますので、落ち着いて働きやすい環境です。

離婚と相続の家事事件が 56 %
倒産処理を含む債務整理が 20 %
交通事故が 5 %
企業法務が 13 %
不動産法務を含む一般民事事件 6 %
その他はほとんど行っていないと思っていただいて結構です。

もちろん可能です。
産休・育休・時短勤務があります。また、既婚女性も多数活躍しています。

「離婚」「相続」「債務整理」「交通事故」「不動産」「中小中堅企業法務 (使用者側の労働事件を含む)」特化

代表浅野了一はこれまで個人事務所を開設した際に対象としていたのが、中流層の市民の方々でした。人が生まれ、大人になり、結婚して、子どもが生まれ、家業を営み、そして老いて亡くなっていくという避けては通れない人生のサイクルがあります。このサイクルには必ず債務の問題がついてきます。また、顧客が家業として個人商店、中小の同族会社を営んでいることも多く、そういった個人事業主様、中小企業様からのご相談を多くいただいておりました。
よって、離婚、相続、債務整理、交通事故、不動産と家業としての中小中堅企業法務の6つの柱を専門分野として扱うことになりました。

現段階では英語はほとんど使用しません。中国語は、会社設立などで使うことがあります。都市圏では外国人の需要がありえます。愛知県・名古屋の 中小中堅企業法務を長期計画で展開する予定です。外国人の国内流入は避けきれないと考えています。今後、名古屋でも英語、中国語に対応ができる法律事務所が市場から求められると考えられ、案件は増えると考えており対応を検討しております。

アクセスマップ

事務所所在地のご案内

名古屋市営地下鉄・丸の内駅4番出口より東に徒歩2分です。
ビルの1階にセブンイレブンと中國国際航空が入っています。アクセスでわからない点がございましたら、お気軽に事務所までご連絡くださいませ。

住所 〒460-0002 名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階
連絡先 TEL 052-231-2601 FAX 052-231-2602
受付時間 平日 9:00~18:30 夜間 火・水 17:30~21:00 土曜 9:30~17:00