採用マニフェスト

第71期採用に対する私たちの思いをマニフェストとして策定します。

この採用マニフェストを、すべての第71期採用における行動指針とします。

1. 学業や実務修習を妨げません。

法曹界に踏み出す一歩として実施されている実務修習は、これからの皆様の大きな財産となり、貴重な経験の場となります。

今後の人生を大きく左右する実務修習に支障をきたさないように、実務修習が始まる前の比較的時間がある間に事務所説明会や面談を行う採用活動スケジュールを組みます。

2. 修習生の皆様と対等に真摯に向き合います。

安易なスケジュール変更や圧迫面接など、皆様を軽視した行為は一切行いません。

同様に、過剰なお客様扱いもいたしません。

未来のビジネスパートナーとして皆様と接し、徹底的に対等な関係を目指します。

3. 個人の特性、多様性を重視します。

当事務所の採用条件は非喫煙者であること、それだけです。

性別、国籍、学歴、職歴不問です。

社会人経験がある方、留学経験がある方は歓迎いたします。
(但し、長期キャリア形成の観点から、35歳程度までの方を対象とします。)

それぞれの個性が互いに作用し合う、多様性の高い組織を目指していきます。

4. 情報を開示します。

皆様と当法人の相互理解およびコンセンサスビルディングを促進するための情報は、臆することなく開示いたします。

当法人は「構成員の幸せの実現」とともに、「依頼者の利益の実現」をモットーに運営しております。

このような、互いの幸せのために、情報を開示することで組織にフィットし活躍できる人との出会いを目指します。