新人若手弁護士研修を実施しました!

2019/2/28に70期楠野さんがチューターとなり、71期弁護士向けに「新人若手弁護士研修」を実施しました。
(計3回で実施します)

新人若手弁護士研修とは主に

を、先輩弁護士が新人弁護士にレクチャーする研修です。
1回目は「キャリア形成の心得」「仕事への取り組み方」についての研修です。

以下のような内容で話が進められました。

一方的な座学ではなく、楠野さんが説明しつつ(資料を見せつつ)、随時新人弁護士に説明をして会話形式で進められていきました。

参加した新人弁護士の川村さんからは

自分のキャリア(10年後)を見据えて、5年後や3年後の自分のあり方を考えられる研修でした。
今回の研修では、弁護士としてのスキルは、法律知識はもちろん、ビジネススキル、コミュニケーションスキル、+αだということがわかりました。弁護士資格をもっているのがあたりまえなので、差別化で他のスキル(+α)が必要なんだという話が印象的でした。
同期からは、「先輩弁護士から研修指導を受けることはない」と聞いているので、新人弁護士でこの事務所に入れたのは本当に良かったです。

参加した新人弁護士の大野さんからは

正直、どういう風に指導を受ければいいか悩むことがあったので、先輩弁護士からの体験談を聞けたのは良かったです。仕事の進め方や先輩弁護士とどういう風に関われば、自分が成長できるかよくわかりました。
将来、後輩を指導していく弁護士になりたいと思っているので、それを目指して日々頑張ろうと思います。