新人弁護士の育成

①相談力・受任手続研修

なんにでも、基本の型は存在しています。法律相談ももちろんそうです。
相談の流れ、相談時にありがちなミス、相談時の注意点など、新人弁護士が相談を行う前に、基本的な知識を弁護士全員で学習しました。

②離婚判例勉強会

破綻主義の進展、民法の一部を改正する要綱(1996年)の実務への浸透と 離婚紛争の現場に立つ実務家として的確な判例知識を備えるとともに、判例・実務の方向性を把握する ことを目的として、過去の離婚の判例を通して知識を共有し、理解を深めています。

③相続税勉強会

弁護士にとって、特に相続、生前対策の相談において相続税の知識は切り離せないものの、勉強時間を確保することが難しいため、 勉強会を開催し知識の共有を図る場を設けております。
弁護士が交代で講師になることにより、相続税についてより深く勉強し、税理士、司法書士、担当事務スタッフも勉強会に参加することにより、 様々な角度からの事例や知識を共有しております。
相続税申告や相続税対策も視野に入れた幅広い法律相談ができることを目標としております。

④ティーチング研修

当事務所は、毎年新人弁護士を採用しています。
所属弁護士は、どんな人かな?と気にはなっていますが、 それ以上に、新人はドキドキでいろいろ不安な気持ちを抱えています。
「仕事を教えてくれるペアはどんな人なのか、気が合うか?やさしいか?」気にしている人が多いです。
なかでも「仕事をしっかり教えてくれるかどうか」が一番の不安ポイントになっています。

なぜなら、仕事を教えてくれる人の能力次第で、新人のその後の成長度合いは大きく変わるからです。
つまり、仕事を教える人は、新人のキーマンになってくるのです。

そこで、「どういうふうに教えれば、お互いが成長し、なおかつ気持よく円満な関係を築けるのか。」に焦点をあてて教えることに対する研修を実施しました。

⑤コーチング研修

少し前にはなりますが、コーチングという言葉が世間で注目されはじめました。
一昔前は、画一的な教育やマネジメントを行っていましたが、自ら考え仕事を行える人材を世間は求めるようになり、そのためのマネジメントスキルが脚光を浴び始めました。
そこで当事務所でも、新人弁護士をどのようにコーチングするかに焦点をあてて、コーチングの基本を理解したうえで、日々の業務でも使える方法を学習しました。

⑥相談力研修

相談力研修

アメリカの研修医プログラムを参考に、実際の相談者様との相談風景を録画・録音し、それを自分自身及び他の弁護士とともに振り返ることで、「自分がどのように相談を進めているのか?」を認識します。(相談者には事前に承諾を得て、撮影しております。)

これを行うことで、相談のすすめ方における良かった点・悪かった点を確認するだけでなく、自分自身の喋り方の癖、ペース、間合い、表情などを認識することができました。

それをもとに、各自相談力の向上を目指しております。