社外研修報告書

弁護士法人名古屋総合法律事務所は、相続 (相続税を含む) ・離婚・交通事故・債務整理・不動産・中小中堅企業法務 (使用者側の労働事件を含む) の6分野に特化した専門性の高い法律事務所です。

社外研修報告書

弁護士法人 名古屋総合法律事務所
報告者: 若狭しのぶ

研修テーマ 法律事務所事務職員研修(基礎研修・後期)
「民事執行」
主催者 愛知県弁護士会
受講場所 愛知県弁護士会館 5階ホール
受講期間 2015年2月13日(金)13:30~15:30
研修内容 民事執行
研修の成果及び感想 (講師:名古屋第一法律事務所 事務局 岡山舞氏)
民事執行の手続について、債権執行を中心に、書類の取り寄せと目録の作り方などの説明があった。

1 民事執行の種類
 強制執行、保全執行、担保権の実行、換価のための競売、財産開示
2 強制執行の種類
 金銭執行(差押財産を換価)、非金銭執行
3 執行の方法
 直接強制、代替強制、間接強制、意思表示の擬制
4 強制執行の準備
 A.必要な書面の準備 (債務名義、執行文、送達証明)
 B.執行開始の要件の確認
5 強制執行各論
 1.債権執行
 ・申立の方法
   申立書、添付書類、管轄、申立費用、目録、第三債務者に対する陳述催告の申立
 ・取立の実務
  差押命令送達から1週間経過で取立権を行使できる
  取立方法は法令に定めなし
  取立後、直ちに取立届を提出
 ・任意の支払を受ける以外の取立
  ①差押の競合(複数債権者が差押をし、請求債権合計額が差押債権の
   合計額を超えている場合:第三債務者は必ず供託しなくてはならない)
  ②取立訴訟(執行申立とは別に第三債務者を被告として訴訟提起)
  ③第三債務者による供託
 2.不動産執行
 ・申立の方法
  申立書、申立手数料、予納金(現金で70万円)、登録免許税、添付書類
 ・申立後は裁判所主導で手続が進む

(感想)
・今回も事務職員の方が講師だったため、実務についての説明がわかりやすかったです。
・離婚に関する強制執行案件を引き継いでおり、研修当日にも取立届を提出したところでした。執行の仕組みを知ることができて、たいへん参考になりました。
受講者 若狭しのぶ