弁護士紹介

弁護士法人名古屋総合法律事務所は、相続 (相続税を含む) ・離婚・交通事故・債務整理・不動産・中小中堅企業法務 (使用者側の労働事件を含む) の6分野に特化した専門性の高い法律事務所です。
園部逸夫

顧問(アドバイザー、元最高裁判所判事)
園部 逸夫
Itsuo Sonobe

1954年 京都大学法学部卒業、同大学助手
1956年 京都大学法学部助教授
1967年 京都大学から法学博士号を授与される
1970年 東京地方裁判所判事就任
1975年 東京高等裁判所判事、前橋地方裁判所判事就任
1978年 最高裁判所裁判所調査官就任
1981年 最高裁判所上席調査官(行政)就任
1983年 東京地方裁判所部総括判事就任
1985年 筑波大学社会科学系教授就任
1986年 筑波大学第一学群長就任
1987年 成蹊大学法学部教授就任
1989年 最高裁判所判事就任
1999年 最高裁判所判事退官
1999年 弁護士登録

園部 逸夫氏のご紹介 (代表弁護士 浅野了一)

行政法の権威であり、尊敬する園部逸夫先生を、2014 年7 月1日 弁護士法人名古屋総合法律事務所の顧問(アドバイザー)にお迎えしました。

園部先生は、京都大学法学部助教授のほか、東京地方、高等裁判所判事、最高裁判所調査官、上席調査官(行政)と判事を務められました。
そして、筑波大学第一学群長など大学教授を歴任された後、最高裁判所判事に任命され9年7ヶ月間、定年退官されるまで務められました。
退官後は、弁護士登録され住友商事株式会社監査役、外務省参与、内閣官房参与などに就任し、現在も精力的に活躍されています。

園部逸夫氏からの
メッセージ

貴事務所の皆様に顧問アドバイザーとして招いていただくことになりました。

弁護士法人名古屋総合法律事務所をはじめとする名古屋総合リーガルグループは、
弁護士・司法書士・税理士・事務スタッフの職種に関係なく、所員一同、和気あいあいと気を合わせて、熱心に仕事に向き合っています。

これからも浅野代表の下、名古屋の代表的事務所として、一致団結して業務に邁進してください。
地域社会の人々の困りごとや悩みに耳を傾け、解決に向けて全力を尽くしていきましょう。
皆様の高い能力を存分に発揮し、社会に貢献して、地域の方々に喜ばれる仕事をすることで、人としてもよりいっそう輝き、成長できることでしょう。

私もアドバイザーとして、日本の法文化の発展のため、名古屋総合リーガルグループを微力ながら応援させていただきます。

その他弁護士等紹介