名古屋愛知障害年金サポートサイトのご紹介

弁護士法人名古屋総合法律事務所は、相続 (相続税を含む) ・離婚・交通事故・債務整理・不動産・中小中堅企業法務 (使用者側の労働事件を含む) の6分野に特化した専門性の高い法律事務所です。

障害年金申請 相談料無料、着手金0円、完全成功報酬制 医師との交渉はお任せ下さい!経験豊富な社会保険労務士がサポートいたします

社会保険労務士がお客様一人一人に合った障害年金のサポートをさせていただきます

医師自身が患者を診察することが必須のように、
名古屋総合社労士事務所では、5名の社会保険労務士が障害年金チームを作り、社会保険労務士自身が1件1件丁寧に、初回相談、打ち合わせ、内容の検討、書類・資料の獲得、申請手続きに至るまで行います。

障害年金申請の分野では他の社会保険手続きのように事務スタッフ任せにすることは危険なのです。

ご存知ですか?障害年金

病気やケガで体が不自由な上に、生活自体が安定せず、
お困りの方は沢山いらっしゃると思います。
実はそんなときに受け取ることのできる年金制度があります。
それが障害年金制度です。

1,そもそも障害年金とは?

日本国憲法は、第25条で国民の生存権と国の生存権保障義務を定め、国民の生存権を保障としています。障害年金の受給権は、日本国憲法第25条に基づく社会保険立法による社会保障制度としての年金受給権の一つです。
そして、障害年金や死亡に対する遺族年金は、保険制度による保険料支払の対価として、保険料を払っている人が受給できる正当な権利なのです。
しかも、障害基礎年金は、給付に要する費用の総額の2分の1は、国庫負担とされ税金でまかなわれております。民間の生命保険よりはるかに有利な給付内容になっているのです。

2,障害年金制度は、とてもややこしい制度です。

ただ、障害年金は制度自体が非常に複雑です。年金の申請にはたくさんの時間と手間が掛かります。煩雑な書類の取り寄せも場合によっては必要です。そのために、ご自身で申請することを途中で諦めてしまうケースもあります。

しかも、申請の窓口である市区町村の職員が障害年金制度に無知であったり、障害年金制度への理解に問題があり、非常に冷たい対応をされたということをよく聞きます。書類の煩雑さに加えて、この市町村職員から冷たい対応をされて、申請を断念することもかなりあるといわれています。

また、認定の業務を行う行政機関である都道府県の認定基準があいまいであったり、都道府県で認定率の高低差が大きく、障害認定の信頼性に疑問が投げかけられているのも事実です。したがって、都道府県で認定率の高低差により、認定されるべき人が認定されずにつらい思いをされた方が多く見えるということです。

このように、不自由な生活を余儀なくされて困っている人々のための正当な権利としての年金制度であるのに、申請手続きで、年金請求者が多大な苦労を強いられているのが現状です。

名古屋総合社労士事務所では、皆様に正当な年金を受けていただくため、障害年金申請の代行をさせていただきます。

5名の社会保険労務士が障害年金専門チームでしっかりサポートさせていただきますので、どうぞ安心してご相談ください。

実は広範囲の傷病が対象となるんです

障害年金は「肢体の障害」など外見でわかる障害のイメージが強いですが、「精神の障害」など様々な傷病が対象となります。

下記に挙げる傷病名は、障害年金の対象となる傷病の一部です。下記以外の傷病についても、障害年金の対象となる場合がありますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

障害年金の対象となる主な傷病

ブドウ膜炎、緑内障、白内障、眼球萎縮、網膜脈絡膜萎縮、網膜色素変性症脳腫瘍など
感音性難聴、突発性難聴、神経性難聴、メニエール病、頭部外傷または音響外傷による内耳障害、薬物中毒による内耳障害など
外傷性鼻科疾患など
上顎腫瘍、喉頭腫瘍、脳血栓(言語)など
くも膜下出血、脳梗塞、脳出血、上肢または下肢の離断または切断障害、重症筋無力症、上肢または下肢の外傷性運動障害、脳軟化症、関節リウマチ、変形性股関節症、ビュルガー病、進行性筋ジストロフィー、脊髄損傷、パーキンソン症候群など
そううつ症、統合失調症、老年及び初老期痴呆、その他の老年性精神病、脳動脈硬化症に伴う精神病、アルコール精神病、頭蓋内感染に伴う精神病、てんかん性精神病、その他詳細不明の精神病など>
気管支喘息、慢性気管支炎、肺結核、じん肺、膿胸、肺線維症など
慢性心包炎、冠状動脈硬化症、リマウチ性心包炎、慢性虚血性心疾患、狭心症、 僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁狭窄症、心筋梗塞
高血圧性腎疾患、悪性高血圧、高血圧性心疾患
ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎、慢性腎炎、慢性腎不全など
肝癌、肝炎、多発性肝膿瘍、肝硬変
糖尿病、糖尿病性と明示された全ての合併症
白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、再生不良性貧血、HIV感染症、血小板減少性紫斑病など
人工肛門、人工膀胱、尿路変更、クローン病、胃がん・子宮頸がん・膀胱がん・直腸がん等のがん全般、その他難病

名古屋総合社労士事務所が選ばれる5つの理由

社会保険労務士が手続きを一貫して行います。5名の社会保険労務士による障害年金専門チームがお客様をしっかりサポート。だから安心!

障害年金の手続きは、一人一人の症状に応じて対応を検討し適切な方法を採る必要があり、専門性や経験によっても結果が左右される分野です。
そのため、社会保険労務士による相談・検討・書類資料の獲得・申請手続きが必要なのです。医師自身が診察することが必須のように、障害年金申請の分野では他の社会保険手続きのように事務スタッフ任せにすることは危険です。
名古屋総合社労士事務所は5名の社会保険労務士が障害年金請求を専門的に取り扱っていますので、ご安心しておまかせください。

相談・着手金0円。完全成功報酬制でリーズナブル!

名古屋総合社労士事務所では、どなたでも気軽にご相談できるようにリーズナブルな価格設定を心がけております。
着手金・相談料は無料、完全成功報酬制ですから、初期費用はかからずに手続きを進めることができます。
また、着手させて頂く前に、詳細な報酬規定とその説明をさせていただきます。後から思いもよらない名目で経費を請求されることはございませんのご安心ください。

完全個室。万全のプライバシー対策。

相談内容が外に漏れてしまうことがないよう、安心してご相談できるよう、ご相談者様のプライバシー保護を最重要と考え、完全個室にてご相談・お打ち合わせをさせていただきます。
内部にグラスウールを充填した天井までのハイパーテイションを設置し、また、天井の一部にもグラスウールを充填して完全個室にしております。さらに、室外にはBGM(Back Ground Music)を流しております。

名古屋市営地下鉄桜通線・鶴舞線丸の内駅から徒歩2分。
アクセスしやすい!

名古屋総合社労士事務所は、名古屋市営地下鉄桜通線・鶴舞線 丸の内駅より徒歩2分の好立地にございます。地下鉄内とオフィスビル内もエレベーターが完備されております。
ご心配な点がございましたら、お電話にてご相談ください。

名古屋総合リーガルグループの組織力。トータルにサポート!

名古屋総合社労士事務所が属している名古屋総合リーガルグループは、一人の代表のもと、上下左右に連携のとれた組織として社会保険労務士、弁護士、税理士、司法書士、専門事務スタッフがチームを組み、連携したサービスを提供しています。
障害にまつわる交通事故問題、人身事故損害の問題、所得税の申告などに関してもお悩みをトータルにサポートすることができます。

年金受給までの流れ

障害年金は働きたくても働くことが困難な方々が、収入を確保でき、安定した生活を保って行ける正当な年金制度です。
この制度を利用することで、身近な人にも心配をかけずに治癒に専念し、人生を設計していくことができます。

STEP1
面談・初診日・病歴等をヒアリング
STEP2
保険料の納付状況を確認
STEP3
受診状況等の証明書の取得
STEP4
保険料の納付状況を確認
STEP5
診断書の記入内容のチェック
STEP6
医師による診断書の作成
STEP7
病歴・就労状況等申立書の作成
STEP8
障害年金裁定請求書の作成・提出
STEP9
障害年金の決定
STEP10
年金受け取り
STEP11
成功報酬のお支払い