面談力・相談力 実務研修

弁護士法人名古屋総合法律事務所は、相続 (相続税を含む) ・離婚・交通事故・債務整理・不動産・中小中堅企業法務 (使用者側の労働事件を含む) の6分野に特化した専門性の高い法律事務所です。

面談力・相談力強化研修の実施

弁護士のコミュニケーション能力を高め、真に満足いただける法的サービスを提供するために、「面談力・相談力強化研修」実施いたしました。実施要項は以下のとおりです。

参加者 弁護士 浅野、杉浦、中嶋、堀口
司法書士 鵜篭、山口
全事務スタッフ
実施日 第1回 2012.11.01 「相談者に満足してもらう相談の流れ」
第2回 2012.11.08 「相談者からのクレームと対策」
第3回 2012.11.15 「相談でよくあるエピソード」
第4回 2012.11.20 「相談者に信頼されるには」
第5回 2012.11.27 「日々の業務にあたって」
テーマ
  • 相談における3つの重要なポイントを理解しよう
  • 的確な判断・計画の達成を心がけよう
  • 今後の対策・方針を相談者と共有しよう
  • 今日からできる相談時の6つのポイント!
  • コミュニケーションを円滑にする方法を知ろう
  • 悪い知らせは○○で伝えよう
  • 正確に伝える(伝わる)方法を理解しよう
  • ウイークリーサマリーを使って事件を管理しよう
使用教材 制作者 アステラス製薬株式会社
「研修医のためのプレゼンテーション講座」のDVD

研修の資料として、アステラス製薬会社が製作されたDVD「研修医のためのプレゼンテーション講座」を用いました。このDVDは、研修医(医師免許をとりたての人)を対象とし、ベテランの医師が問診・診察における技術をレクチャーする内容となっています。

皆様の中には「なぜ、医師向けのDVD?」「医者のDVDを見て何が分かるのだろうか?」と感じる方もいらっしゃるかと思います。

今、医療の現場では、「セカンドオピニオン」「リビングウィル」など、患者が望む治療法、方針が大事にされています。またアメリカでは「研修医の患者に対するカウンセリング」の勉強も進んでいます。
医師と患者は対等な立場であり、患者は自身が望む治療法、方針を決めるという風潮があります。

これを弁護士と相談者に置き換えてみます。弁護士の仕事は、 「相談者(患者)が望む法的解決(治療法)を行う」ことであり、業界は違っても、医師の役割と本質的に差はないと考えます。
「相談者のために解決策を考え、満足する処置を施し、契約を終える」、これが世間が弁護士に期待していることです。

さて、では実際に上記の要望は満たされているでしょうか? 残念ながら違います。
相談者のためにと励んでいる弁護士はいても、相談者は自分のためにこの弁護士は頑張ってくれた、動いてくれたとは感じていない現実があります。

何が足りないのか? 何が原因か?を探ることを目的にこのDVDを視聴いたしました。
研修は、各1時間とし、前半をDVDの鑑賞、後半は講師(中野)による座学のスタイルで全5回で実施いたしました。

良い弁護士に巡り合うためには

ご縁があって、このページにお越しいただきありがとうございます。
このサイトを見ている理由はお一人お一人違うと思います。
ご自身のこと、ご家族のこと、会社のことで悩まれ、様々な心境でいらっしゃると思います。

しかし、この皆さまには共通してお持ちになっているお気持ちがあると思います。
それは「良い弁護士に巡り合いたい」というお気持ちです。

もちろん、悪いよりは良い弁護士に相談したいと思うでしょう。
しかし、良い弁護士とはどういうものでしょうか?

法律知識が豊富なことでしょうか?
または、裁判での勝率が高いことでしょうか?

当事務所が考える良い弁護士とは、それらの基本的技術に加えて「コミュニケーション能力が高い弁護士」です。

皆さまの中には、これまでに弁護士に相談をしたことがある方もいらっしゃるかと思います。
弁護士は一般的に「威圧的である」「傲慢」「気持ちをきちんと理解してくれない」と言われています。
残念ながら、そういった弁護士が多いのも事実です。そうした弁護士には共通して「コミュニケーション能力が不足」しているのです。
ご相談者に信頼してもらえず、満足してもらえない弁護士とは「法律的にはこうだから、裁判ではこの請求さえすればいい」と、目の前のご相談者の思いに何も配慮しない弁護士です。

事実や証拠を探し出す力だけでなく、「ご相談者の思い」に配慮する力があれば、ご相談者にとって本当は何が必要か、法的問題点を含めて論点・争点を追及することになります。

ご相談者に寄り添い、一緒に考えることが必要です。 「安心・納得・この人に会えて良かった!」という思いは、ご相談者と弁護士が正面から向き合うことでしか生まれません。


例えば、「前夫からの養育費が少なく納得できない」ケースでは、

  1. まず前夫とご相談者の背景を知り、 ご相談者が何に重きを置いているのかを判断する。
  2. そのうえで、このケースでの 養育費の適正額を知って頂き、納得してもらった上で養育費を確保するためにできる方法を一緒に考える。

そこまでやるのが、弁護士の仕事なのです。
単に年収で養育費を計算して請求するだけなら、対面で話す必要もなく弁護士でなくても誰でもできるのです。(今はインターネットで調べればすぐわかる世の中なのですから)

また、裁判とは人が人のためにつくった制度なのに、法律という一次元でとらえている弁護士がいます。そのため、何を言っても全然取り合ってくれないとか、冷たくて威圧的だと言われるのです。

ご相談者の思いがあってはじめて裁判や法律が使われ、それは生きたものとなるのです。いかに、

  • 「ご相談者のお気持ちや、重要と考えていることに気付けるか」
  • 「ご相談者が何を思い、何を心配しているかをご相談者の立場で考えられるか」

これこそが、弁護士への信頼へと繋がり、良い弁護士と言われるために必要なスキルだと当事務所は考えています。

弁護士である以前に、一人の人間としての資質、「人を思う気持ちがあるか」「人に配慮することができるか」ということが問われているのです。

当事務所は皆様に満足していただける弁護士活動を日々行っていくことをお約束いたします。
当法人の活動を記録している内部研修・外部研修報告ページもご覧ください。