弁護士紹介

弁護士法人名古屋総合法律事務所は、相続 (相続税を含む) ・離婚・交通事故・債務整理・不動産・中小中堅企業法務 (使用者側の労働事件を含む) の6分野に特化した専門性の高い法律事務所です。

小原将裕

弁護士

MASAHIRO
OHARA

小原 将裕

【担当分野】

企業法務、交通事故、離婚、相続

弁護士として適切・的確な対応で、必ず力になります。

ポリシー

「依頼者様のかけがえのない人生をより良い方向へコーディネート致します」

皆様の抱えていらっしゃる問題は、法律により解決することができることがほとんどです。
ただ、法律に関する問題は、大変複雑で誰しもが簡単に扱うことができません。
感情が絡むことも多数あり、一筋縄では解決できません。

私は沢山の家族問題、企業問題を取り扱うことで、経験を積んでまいりました。
複雑な案件、感情が高ぶって取扱が大変な案件、多々ありました。

そういった問題についても、「何が一番の解決策なのか?」を依頼者様と一緒に考え、判断し、相手方と粘り強く交渉することで、解決してまいりました。

必ず力になります。ご相談ください。

ご挨拶

私は、静岡で育ち、東京、神戸での学生生活を経て、名古屋で弁護士になりました。

法律事務所には、相談者の方々が不測のトラブルに対応できず、沈んだ顔で来られます。しかし、事件が解決に向けて進めば、はっきりと元気な顔に変わられます。そして、「もっと早く相談すれば良かった」と笑顔で話されます。私は、弁護士になって、とてもやりがいを感じます。

私が目指す弁護士像は、事実関係の分析能力の高い弁護士です。 裁判の世界では、「一般常識であればこうなるはずだ」という判断が常に求められます。そこでは、人の心の弱さや狡さから出た「例外的な」事実は、しばしば軽視され、時にはなかったことにされることさえあります。そのような、「例外的」と簡単に排斥されてしまう事実も、なんとか「常識」の枠で理解してもらえるよう、人の心の機微を捉える、また間接事実を詳細に展開できるなど、事実関係の分析能力の高い弁護士を目指しています。

今までの経験を通して、またこれからの経験も弁護士としての力の糧としていきたいと思います。

趣味は城巡りです。大学生のころから、青春18きっぷを使って全国の城巡りを始めました。ひっそりと足跡を残す山城、町興しの象徴となる天守、文化や行政の中心機能を継いだ城跡公園など、現在に生きる様々な姿の城を見るのが好きです。安上がりで楽しめ、濃い知り合いもできるのでお勧めです。

経歴

1987年 静岡県生まれ
2006年3月 静岡県立掛川西高等学校卒業
2011年3月 東京大学法学部卒業
2013年3月 神戸大学法科大学院修了
2014年 司法試験合格
2015年12月 弁護士登録(愛知県弁護士会)
2016年6月 弁護士法人名古屋総合法律事務所入所
得意分野 企業法務、交通事故、債務整理、離婚、相続
趣味 城巡り、合気道
資格
  • 実用英語技能検定 準1級
所属
  • 愛知県弁護士会

その他弁護士等紹介