宮城 孝子Miyagi Takako税理士 2018年入所

私のミッション

簿記を学んだことをきっかけに、税理士という職業があることを知りました。身近でありながら、実は知らない会計学や税法について大変興味を覚え、大学の先輩方に導かれながら勉強しました。
27歳で税理士合格、勤めていた税理士事務所にて勤務税理士として登録し、税理士の仕事を始めました。
税理士登録後ほどなくして、結婚・名古屋への転居、昭和区の税理士事務所で2年半の勤務ののち、出産を機に登録を抹消し家事・育児に専念しました。
長い専業主婦の期間を経て、次女の大学進学を機に中区の税理士事務所にて仕事を再開しました。ただし、実務を離れていた期間が長かったため、税理士登録はせずに総務・経理事務及び税務補助としての勤務でした。

名古屋総合パートナーズへの入所後、生涯現役が求められる時代において、所長より「その気になれば70歳になっても続けられる仕事だよ」という後押しもあり、税理士の再登録をしました。実務を離れていた期間が長かったこともあり不安もありましたが、現在は税務の専門家として、相続セミナーの講師を務めさせていただいております。

相続は、大切なご家族を失った悲しみの中で始まります。相続税の申告期限は被相続人がお亡くなりになった日から10ヶ月ですが、気持ちの整理もなかなかつかないまま時間は過ぎていきます。 また、生前対策を進めたいが、誰に相談し、どのような手順で行えば良いか分からないというお話もよく聞きます。

相続に関しての様々な手続き、申告、生前対策においては、専門的な知識を必要とすることが多くあります。セミナーを通し、一人で悩まずに専門家に相談することの大切さをお伝えし、そして専門家として、丁寧に調査し、適切な申告、納税のお手伝いをする、これが私のミッションです。

  • 1
  • 2